10:~ 第4話 ~

私は、それでも不安には思わなかった。
メナサさん、絶対に守ります。
私は、あなたの盾になります。
必ず、あなたの、そばに。

それが、私の使命。
私の、目的ですから。


~ 終わり ~