9:~ 第1話 ~

続きへ

炎が立ち上っている。
敵が、多い。
?「てああああああぁぁぁっっっ!!!」
そのまま武器を振るう。
敵がどんどん倒れていく。
?「数が多いな……くっ……」
光が、迫ってきた。
?「危ない!」
思わず前に出てかばう事になった。
眩しい。
そう思った矢先、闇が広がった……。