4:第1話:はじまり

ずっと、悲しんでいた。
ずっと、一人だってこと。
そんな時、あの人に逢った。
その時は、冬だった。
偶然、空を飛んでいた時に、逢った。
空を飛ぶ能力は、少ない。
だから、貴重と言われていた。
―――その時代では―――
今はもう浮遊する者たちが多い。
そんな中、あの騎士を思い出す―――。


お題「小説・物語などのノベル系(ご自由にどうぞ)」