辻占師になりました(グンメナサ)

実は生まれつき、私は占いとかで害妖を見つけていたのはあった。
そのため、その職をやってみることにした。
私は、『害妖の駆除や吉兆を占う』ことが得意で、あの時もそれ目的で入れさせられていた。
でも、それを生かす事にした。
ただ力は違えど、どんどん占っていくにつれて、わかってきたのは、居場所があったほうが特はあること。
『居場所、ですか。でしたら、あの場所どうでしょう』
「そうですね。そこは元々検討していました」
『ですね。一応検討しておきましょう』
という事で数日のうちに決まり、居場所は確定。
ですが、組織には属さないつもりで居ます。
メイン銃ですが。
敵が現れたので、銃を持ち、ただ、敵を撃ち抜く。
しかし、最近になって敵が増えてきたようにも思えますね。
占っていき、そして、私は銃で敵を射抜き続けます。

お題「小説・物語などのノベル系(ご自由にどうぞ)」