短編:ホワイトフェーン ※視点あり

何故俺がホワイトフェーンって呼ばれているかっていうと……。
それは、すでに先客が居たことだ。
だからちょっとひねってそう呼ばれている。
けど、球体だからな。
低いって言うな。
けど、つんつんつつかれたりはするが、腐ったりはしない。
ふよんふよんするけど。
むしろ、楽しいんだよ。
何だろうな。
世界ってやつがあるんだよ。
だから、その世界を楽しもうと思うんだ。
終わりを、迎えるまでは。

お題「小説・物語などのノベル系(ご自由にどうぞ)」