多分これで最後の更新です

以上、ここの運営終了します。 放置ずっとするので、メインブログ、またはnoteにて始まるストーリーをお楽しみ下さい。今までありがとうございました。

10:まとめ

続きへ。

10:~ 第4話 ~

私は、それでも不安には思わなかった。 メナサさん、絶対に守ります。 私は、あなたの盾になります。 必ず、あなたの、そばに。それが、私の使命。 私の、目的ですから。 ~ 終わり ~

10:~ 第3話 ~

続きへ。

10:~ 第2話 ~

私は、それでも後悔はしていなかった。 けど、私は名乗れなかった。 その人に、私の名前はなかったから。 ただ、プロトと言われていたことを告げておいた。 ?「そうか、今日から君の名前はプロトメナサだ。力も授けておこう」 そう言われ、力を受け取った。…

10:~ 第1話 ~

私は、最初はある施設にいた。 大本は別の世界にいると聞いていた。 もうひとりの私に、会いたい。 そう願っていた。 その時に、胸の内から、熱いものを感じた。 熱かと最初は思った。 けど、それは温かくて。 ふと見た時に、私を見る、誰かが居る。 ?「そ…

少し書きます

ノベル書く時間を取ろうとしています。 ここで考えているネタというと、以下の通りです。 ・プロトメナサとメナサの話 といっても一本しか無いんですがね。 これを考えています。 がんばります。

9:まとめ

続きへ お題「小説・物語などのノベル系(ご自由にどうぞ)」

9:~ 第5話 ~

続きへ

9:~ 第4話 ~

続きへ

9:~ 第3話 ~

続きへ

9:~ 第2話 ~

続きへ

9:~ 第1話 ~

続きへ

雑記

実は紫龍 炎というキャラを思いついています。 どこかで使います。 ここで使うのかは不明ですが。 ただ残念なお知らせが。ここではなく別のところで書いている関係上更新頻度が超遅いです。 なので一旦凍結と言う形にしようと思います。また復活できる日を待…

一応

一応ですが、非公式で書いているわけです。 ただぶっ飛んでるのでいつどうなるかわかりません。 そこを理解の上お願いします。

ちょっとした雑記

物語の内容が浮かばないけど、頑張って考えようと思います。 いや、無理しないけどね。 バタバタしてるし。 で、一応だけどHPも運営してたりするのです。 固定記事を編集しますのでそちらをどうぞ~。

8:まとめ

続きへ。

8:第6話:その後の話

続きへ

8:第5話:ルイージの思い

続きへ

8:第4話:苦しむ心

続きへ

8:第3話:思い

続きへ

8:第2話:動き出す時計

続きへ

8:第1話:すべての始まり

続きへ

ムラサキたんとフェーンたん

視点:ムラサキフェーン空が青いけど、平和といえば平和だ。 とはいっても、某物語*1がちと凄いが。 どうしてこうなったし。ほんと。 でも、面白いもんだな。 あ、俺は男性じゃないぜ。これでもな。*2 コロコロ転がりたいな~。 そういえば俺らのところはあ…

久々の

続きへ。

7:まとめ

続きへ。

7:第5話:その後

視点:ながれ その後はその騎士さんとも仲良くしている。 私らは闇の眷属だけど、裏があってね。 あのマリオブラザーズも戻れたみたいだし安心したけど。 ただ彼の場合難しいみたいで私の世界に居る。 まぁ仕方ないんだけど。 私はそれでも過ごしているけど…

7:第4話:真相

視点:ながれ 夢を見ている。 今度はしっかりと見えている。 ああ、そうか。 私は、彼らを―――。 いや、この人達を騙したんだ。 私は、闇の眷属だから。 吸血鬼ではないけど、眷属だから嫌われる。 そういうパターンが多かった。 彼らもそうだと思っていた。 …

7:第3話:刃

続きにこれは特例でしまう。

7:第2話:謎のノイズと騎士

視点:ながれ その人にあう前に、ノイズについて聞いてみた。 レグ「ノイズ、か……。確かに気になるところはあるな。記憶が一部抜け落ちている事は知っているだろう? ながれ」 ながれ「ええ。知っているけど……」 レグ「その時に、まさか、という事は無いだろ…